日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「ジョゼと虎と魚たち」

年とると性別関係なくなるよね。

ばぁさんとじぃさんの境目が難しいときあるよね。

乳母車を押すおばあさんが怖すぎる。

あの初対面シーンの後、自宅でご飯をごちそうになれる神経がわからない。

っていうことで、この映画はファンタジーに分類決定。

 

ジョゼは子どもの頃に施設で仲良くなった (?) 幸治に

「うちあんたのお母ちゃんになったるわ」と言うんです。

母性の強いタイプの人が苦手なので、ここで無理です。

これ以降とてもネガティブな目で彼女を見ることになります、私は。

ジョゼが自分の息子として扱う、幸治役は新井浩文です。

ところどころ出てきます。とても乱暴ですが根はいい子です。

主張の強い髪形をしておられます。いい子です。

 

「あんたがおぶってくれたらすむがな」と車椅子を買うことを拒むジョゼ。

「俺だっていつか年とるんだからさぁ」とボヤく恒夫。

当たり前のように口から出た言葉に、自分自身で考えている様子。

このまま一緒にはいられない予感が積み重なっていく。

 2人ともそれぞれに、2人の未来を諦めていく。

去っていく恒夫を追いかけないジョゼ。諦めることに慣れている。

 

実らなかったり、続かなかったからこその純愛ですね。

思い出だけはいつまでも美しいのです。

人はそう簡単に利権を手放したりしないので、現実だったら

かなりの修羅場になるはずです。

ジョゼの引き際の良さがキモです。ジョゼ可愛い。

 

岩井志麻子さんが、可愛いは可哀そうとよく書いている。

切ないとか愛しいとか、そういう感情も入っているのかもしれない。

ジョゼ可愛い。

 

監督:犬童一心 日本 2003