日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「夕凪の街 桜の国」

この世界の片隅に」の原作者の、こうの史代さんが原作です。

 

みんなが静かに淡々と与えられた日常を生きている。

戦争が終わっても人々の生活は終わらず、

忘れられない記憶が現在の幸せに影を落とし、

残された人たちも被害者なのに、

罪悪感のようなものを持たされて生きている。

 

原爆を落とされて、死ななければならなかった人。

原爆被害者となって、生きていかなければならない人。

忘れてはいけない出来事です。繰り返してはいけない出来事です。

 

監督:佐々部清 日本 2007