読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「誰も知らない」

子どもってうるさい。子どもがいるなら引越先は1階を選べばいいのに。

子どもを置き去りにするような人に、そんな事を言っても無駄です。

そもそも、子ども3人分、周囲に存在を隠している。1階ではみつかる。

 

母親は無邪気に子どもを置き去りにする。悪意はないみたい。

幸せになりたい病の人は、たいてい周りが見えていない。

賢いお兄ちゃんは、賢くならざるを得なくて可哀そうだ。

しっかりしていると子どもは損をする。大人になっても損をする。

 

兄弟姉妹4人で仲が良さそうなシーンが多いのですが、

当然ながら、家族は友達の代わりにはならない。

学校に行く重要性は全く感じないけれど、最初から本人には

選択肢を持たされていないのは可哀そうだと思う。

 

この監督の作品は、いつも子どもに対する視線が繊細で好きです。

 

監督:是枝裕和 日本 2004