読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「スープ・オペラ」

日本映画のジャンルを確立しております、ノスタルジーものです。

最近はこれに「丁寧なお料理」が加わる場合が多いです。

お料理好きな方々に支持されているものと思われます。

タイトルに「スープ」ですから気がつけって話ですが、

「ソープ・オペラ」だと勘違いしました。はい、カタカナ弱い~。

久しぶりなのであらすじを読むのも忘れました。

 

冒頭から、幼少より母親代わりとなって一緒に暮らしていた、

還暦目前の叔母のトバちゃんが、恋をして家を出ていくと言います。

2人の年齢差と、相手の男性のたたずまいでコミカルなシーンになっていて、

35歳独身女性の存在を正当化する事に成功しています。

 

一緒に暮らしていても別の人間ですから、最低限の自由はあるはず。

血の繋がりがあってもです。親子ではなくて叔母ですしね。

相手の男性に嫌味を言ったり、失礼な事を言うのは、ただの八つ当たり。

相手の為を思っているって事で全てを正当化しています。

 

坂井真紀の変なセリフ回しがキモなんだと思います。

精神的に自立していないわりに、頑固で大人しい人の薄ら怖さがよく出ています。

全体的にファンタジー仕様です。

でないと、初対面の男性と3人で共同生活する事の説明がつかない。

 

監督:瀧本智行 日本 2010