読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「ゆれる」

香川照之オダギリジョーが兄弟 ?

設定に無理があると思ったんですが、内容的にいいんだ、これで。

 

家族とか親類とか人間関係が重たい。地方で暮らす閉塞感が重たい。

真木よう子が出ているのに、言われるまで気がつかなかった。

これは私の好きな真木よう子ではない。

 

結局、落としたのか、落としてないのかは曖昧なんですが

私は落としていないと思います。高所恐怖症だもの。

勢い余って吊り橋に足を踏み入れるだけでもあり得ないのに、

そこで人を突き落とす余力なんてある訳ない。

落としてないんじゃなくて、落とせる訳ないんです。自分の事で精一杯です。

新井浩文が出ていたので多分この人が犯人です。関係ないけど。

私から必要以上に犯人役を期待される俳優、新井浩文

 

ラストシーンで笑うお兄ちゃん、多分、戻ってこない。

血の繋がりがあっても (あるからこそ ? )

一度崩れた信頼関係は元には戻らないし、離した手は遠ざかる。

 

あと、木村祐一出すな。

 

監督:西川美和 日本 2006