日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「殺したいほどアイ・ラブ・ユー」

浮気者の夫をみんなでよってたかって殺そうとするお話です。

 

妻の母親ももちろん共犯。

「彼ならやるわ いい人よ」

「友達は多いのよ」

「アメリカじゃ人殺しは当たり前よ 国技と同じよ」

と言って、殺し屋でもない知人に殺しを依頼する。

言う事もやる事もメチャクチャ。さすが母親という職業の人。

 

夫の方もちょっとした怪物で、あれこれされてもなかなか死なない。

妻に恋心を抱いているディーヴォ (リヴァー・フェニックス) も

担ぎ出されて、挑戦するもあえなく失敗。いや、途中までは成功 ?

最期のトドメをティーポット型のバーで知人に依頼するわけ、300$で。

友達割引にしたって安すぎる。

価格交渉の末500$で決着するんだけれど、低価格なだけあって

現地にタクシーで乗りつけるわ、手ぶらで来るわ、口も軽くて

ちっともアテにならない。

お値段が高くても、信頼のできる人に頼んだ方がいいみたい、こういう事は。

 

結局、誰も死ななかったし、とりあえず丸く収まりました。

仲良き事は美しき哉。

 

リヴァー・フェニックスが変な帽子を被ってて可愛いです。

 

監督:ローレンス・カスダン アメリカ 1990