日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「さよなら渓谷」

元ネタになった事件のあった頃、週刊誌の中吊り広告で

この事件をよくみかけていた。あの頃は、通勤電車の中で見る

中吊り広告の情報だけで世間を知っていた。

電車通勤をしなくなって、ワイドショー的な話題とは無縁になった。

本物のワイドショーはちょっと手に余るし。

今でも、電車に乗るとつい中吊り広告を熟読してしまう。

あまり興味のない情報を得るにはいい機会だと思う。

 

隣人の幼児殺害の件はおいといて、尾崎俊介 (大西信満) とかなこ (真木よう子) の話。

2人の過去の事件について、4人の加害者がいるにも関わらず

贖罪意識があるのは尾崎だけ。ほかの3人は普通に会社勤めをして、

それなりの暮らし (結構いい生活) をしている。

あまり反省していないように見えるし、むしろ得意気な感じがする。

少なくとも当事者意識は薄いようだ。

 

尾崎だけが謝罪をし続ける、というか謝罪を受け入れる事を強要し続ける。

罪状がレイプなんだから、冷静に考えるとこういう行動は、ちょっとどうなんだろう…

被害者かなこ (本当は水谷夏美) は、事件のせいもあり、それ以外の要因もありで

とても不幸。尾崎と夫婦となって一緒に暮らし始めるのは、自暴自棄なのか、

孤独をうめる為か、復讐の為か、愛なのか。全部 ?

 

かなこが激しくて (被害者なんだから当たり前) 感情むき出しでシャウト。

一方の尾崎は、寄り添うというか、付きまとうというか、言いなり。

婚約者らしき別の女性と新居の内見してるし。どうしたいの ?

夫婦以外は説明セリフが多いのに、この2人だけミステリアス仕様。

かなこは激しいシャウトシーンや、セリフや行動から推測がつく部分もあるし、

考えたくなる部分もあるけど、尾崎は終始うすぼんやりしている。

レイプにしても、かなことの関係にしても、なにかと流されやすいタイプ。

 

真木よう子はいいよね~、っていう映画です。いいよね、真木よう子

 

監督:大森立嗣 日本 2013