日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「いぬやしき」

大ヒット上映中 !

 

「お父さんがかわいそう … 」

犬屋敷家での父親の扱いのあまりの酷さに、子どもがドン引き。 

犬屋敷さんドン臭いし、子どもも思春期みたいだし、仕方がない部分も

あるにはある、けど …

とりあえず忌野清志郎さんの「パパの歌」でも聞いてみて。

「パパの歌」の作詞は糸井重里さんなんですね。よりによって …

 

飼い犬を腕に抱えて空を飛ぶシーンがあって、高い所がとても怖いので

嫌~、落ちたらどうするの~、安全ベルト~ ! となりました。

犬になって空を飛ぶ場合、ライカになるか、はな子になるか、究極の選択。

 

塩分を拒絶するのは、機械の身体がサビちゃうからだね ?

「バンバン」とか「ドゥドゥ」とか、銃声をいちいち口で言うのがマヌケ。

やってる事の善し悪しはおいといて、木梨憲武より佐藤健になってみたい。

と思いました。

 

子どもは断然、犬屋敷さんになって人の役に立ちたいらしいです。

 

監督:佐藤信介 日本 2018