日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「怒り」

現実でも残忍な事件ほど、犯行理由がよくわからない場合が多い気がします。

最初に起こった殺人事件の動機も理由もわからないまま。

 

「怒り」とは、裏切られた事に対する怒りと、信じられなかった事に対する怒り

なんだと思うんですが、疑い始めたらきりがなくて不信感が募るのは

よくあることだし、反対に、何でそんな話を信じるのか ? というような場合も

ありますね。詐欺とか心の隙間商売とか … 皆さん気を引き締めていきましょう。

 

人を信じるのは簡単な事ではない。

槙洋平 (渡辺謙) も娘の愛子 (宮崎あおい) を大切に思い、幸せを願っている

ようですが、実際に幸せになれるとは思っていない (信じていない) 訳ですし。

 

ところどころ、市橋達也をモデルにしているようなんですが、

壁に書いてあるような文章は書かないと思うな。絵もわりと上手いし。

 

監督:李相日 日本 2016