日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

ロ字ック 「滅びの国」

f:id:hanabon1999:20180120150257j:plain

 

若者向けの公演です。

途中休憩なしの2時間半上演に加えて、相関図の字が小さい。

おばさんは劇場の暗がりでは識別不可能。

 

住む世界が違う、誰にも感情移入出来ないドラマでしたが、

それぞれの欲求、焦燥、苛立ちのようなものはとても伝わってくる。 

淋しさで壊れる関係とか、人をこちら側に繋ぎとめるモノとは …

みたいな、答えの出ない事をいろいろと考えさせられました。

「好き」という気持ちの生む争いもわりとあるよな、と思いました。

 

「終わらないなんて困る」という言葉に深く同意です。

 

2018年1月17~21日 下北沢 本多劇場