日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

クリスマスです。

f:id:hanabon1999:20171222201510j:plain

 

子どもが大きくなるにつれ、だんだんおざなりになってきたクリスマス。

大きなクリスマスツリーは邪魔なので、引越しの際に処分しました。

今年も子どもの「サンタの存在疑惑」について、様子をうかがってみましょう。

以下が、中学生が友達と議論した結果です。

 

サンタはいる。外国に住んでいる、外国人。

日本には本物のサンタはいない。仕事でコスプレしているだけの人達。

クリスマスプレゼントはサンタではなく、子どもの親が用意している。

サンタの代理人として依頼されている。

だって、世界中に一晩でプレゼントを届けるなんて無理。

トナカイのソリに乗ってくるのは嘘。トナカイが空を飛べる訳がない。

冬の寒い夜、一晩中ソリを曳かせるなんて酷い事をしてはいけない。

 

だいたいこんな感じです。

同級生には、まだ幼稚園に通っている兄弟のいる子もいるから、

忖度した結果なのか、いろいろな事情と折合いをつけた結果なのか、

まさか本気なのか …

子どもの世界に口出しするのは野暮というもの。だかしかし …