日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

体育祭

子どもの体育祭が終わりました。

 

前日まで、誰とお弁当食べるの ? わかんない、の押し問答。

とりあえず親と食べるのか、お友達と食べるのかだけ決めておくれ。

それによって、母の荷物の量が違うんだから。

男の子は仲良し同士でわざわざ約束したりしないのですね。

という事で、子どもにお弁当を持たせたら、

カメラを持ってふらりと行けばいいから、中学校の体育祭は良いです。

気に入りました。

 

仲良しのママ友数人と観戦。

自分の子の出番でカメラを必死で構える他は、知っている子を応援したり、

障害物競争の道具がちゃんと揃っていないと公平じゃないだの、

あの団の二人三脚用のヒモのマジックテープははずれやすいみたいだの、

重箱のスミをつつきまくる。

練習不足でルール説明も殆どしていないのに、本番で反則ばかりとるのは

いかがなものか … 子ども達、こんなに一生懸命やっているのに。

母達は自分の子とは関係なく、勝敗そっちのけで文句ばかり言うのである。

子ども達の頑張りを台無しにする行為は許さん。

 

自分の子だけを応援しすぎ、自分の子の団を優勝させたすぎのお父さん達が

「足が線を踏んでるよ、反則とってよ」と大声で喚くのも毎年恒例です。

入っちゃいけないスペースにシレッと入ったり、シートを土足で踏むのも、

邪魔な場所に三脚を立てるのも、たいていこういう人達。

家庭を守りきっている男は器が小さい傾向にあるので、

地球の平和を守っている方が上等。家庭は守れなくてもどうって事ないです。

 

残念ながら子どもの所属する団は最下位だったのですが、みんな何だか楽しそう。

見ていても、諦めがいいというか、物の取り合いをするような競技は

ほぼ全員真っ先に諦めるような子達ばかりだった。勝てるわけがない。

うちの子にはピッタリの団で

「ビリだったけど楽しかった。みんなもそう言ってた。一番仲いいし」

と言っていた。楽しかったなら良かったね。

 

「キミ達の団だけ、競技前に本部席と保護者席に礼をしてたよね」と聞いたら

「あれはね、団長さんがそうしようって言って、みんなでやったんだ」と言う。

そういえば、練習が始まった時に

「応援団長さん、見た目は怖そうだけど、すごく優しいんだよ」

と言っていた。結団当初は、好きな子が他の団の団長をやっていると知り、

あっちが良かったね~と親子で嘆いていたのですが、

そんな事はすっかり忘れているご様子。

 

団長さん、倒れるまで頑張ってくれてありがとうございました。

お世話になりました。良いお手本になってくれてありがとう。