日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

日本総合悲劇協会 「業音」

 

f:id:hanabon1999:20170815113938j:plain 初演はモノモノしかったこちら。

f:id:hanabon1999:20170812134537j:plain f:id:hanabon1999:20170812134546j:plain ロビーにはこちらが。

 

テレビの人気者チームが出ていなくて地味な大人計画

芸能人も出ていない。

松尾さんが書いて演出すれば、面白いので大丈夫です。

大人計画密度が高くてむしろ好きです。面白かった。

 

その昔、LOFTプラスワンに松尾さんのトークショーを見に行った時に、

トイレでばったりと、ミニスカートをはいて派手なメイクをした池津さんに

遭遇して、えっ!? ってなって、二度見してショックを受けていたら

(それ、私服 ? え、そういうタイプの人なの !? みたいな気持ちです)

私の心を瞬時に察してくれた池津さんが

「これから、コギャルコントの公開稽古やるんです。見てってくださいね」

と輝くような笑顔で、ええ、あの輝くような笑顔で !

それ以来、池津さんが大好きです。今回も最高でした。

 

松尾さんのお芝居は毒があって、それが絶妙。

毒舌とか、露悪とかを売りにしていると思われる方々とは全然違う。

奇才といえばこの人、みたいな気持ちで大満足だったのですが、

LOFTプラスワンで、VTRを見ながら女性に「小鼻の汚れが目立つね」

というような事を言って、本気でムッとされていたのを思い出しました。

絶妙じゃない場合もある。

 

ここ数年、この女性の名前が思い出せなくてモヤモヤしています。

裏方の人だと思うんですけど、VTRとかには時々出ていたので、

顔は覚えているのだけれど、名前が思い出せない。

役者さんではないので名前が残されていない。

当時、よく一緒に見に行っていた人達に聞いてもわからない。

「シュッとした顔の ? 色が白い」 そうそう

「眼鏡かけてた人」そうそう

「山と警告で偽ボランティアやってた人」そうそう

ここまで。オバサン探偵団は記憶力がアレなので。

それどころか、

「松尾さん、そんな事言ったの ? あの人、色白で肌がきれいだったよね」

と余計な事を思い出させて、松尾さんの評判を落としました。

 

2017年8月10日~9月3日 東京芸術劇場シアターイース

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存