日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

Let it be

家庭科と美術と書道が終わりました。

だがしかし、まだまだ続く日本の夏、宿題の夏。

本日は音楽のプリントをやって、主要五科目を延々と …

英語は比較的宿題が少なめです。

英語担当の先生を少しだけ好きになりました。顔、思い出せないけど。

 

高校の英語の先生がビートルズの熱烈なファンであった。

熱き思いを語り始めると延々と止まらない。生徒はもちろん止めない。

ビートルズが大好きで、英語の勉強を熱心にしたらしい。

ビートルズの良さを伝えたくて英語教師になったんだよ」

と言っていたな、確か。

職業選択が間違っているような気もするけれど、

授業中にプリントを配って、ビートルズの歌詞を和訳していたので

初志貫徹任務遂行である。今思えばちょっと自由すぎはしないか …

でも、他の先生も似たり寄ったりのフリーダム状態だった気がする。

 

「baby」を「可愛い人」とか「愛しい人」とか書かれて

「babyはそのまま !  演歌みたいになるじゃないか、

 やめてくれよ、センスがないな」

とムッとしていた。和訳するんでないのかね ?

 

「Let it be」というフレーズをとても気に入っていたご様子で、

「こんなフレーズはね、思い浮かばないよね、凄くいいんだよ」

と興奮するあまり、サザンオールスターズをディスっていた。

私達はビートルズもサザンも世代が違うので、何が何やら。

 

ビートルズってジョン・レノンのいたグループでしょ ?

「イマジン」でしょ、程度の知識しかない高校生達。

スマッシュヒット世代にとっては、ビートルズといえば

ポール・マッカートニーらしいですね。うちの夫はそう言っています。

先生も「ポールが、ポールが」と言っていた。

藤田朋子さんもポールがお好き。

多分、2人で人気を二分していたのではないかと思われます。

当たってるでしょ ?

確かにこの曲とてもいい。最近特にそう思います。