読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

不器用な男ですから。

うちの子は「言葉の遅い子ども」だった。

中学生になった今でも口数は少ない方だと思う。

人に何を言われても、そう言われてみればそうだなって思うみたいだし、

ここで笑ってほしいのかな、ここでこう言ってほしいのかな、

と考えているうちに、言葉を発するタイミングを逃しているようだ。

 

親としては正直もどかしい思いもある。

言い返してやればいいのにっ !

「でも、そんな事言われたら嫌な気持ちになるでしょ。

 自分も後悔するでしょ。言わなきゃよかったなって思うでしょ」

小さい頃から一貫して態度を変えようとしない。

どうしたらこんなおっとりした子に育つんですかね。反面教師ってやつですか。

 

言葉というのは、十分に凶器になるので注意が必要。

どんなつもりで発したかより、相手にどう受け取られたかに

比重が置かれる場合もあるのです。

「そんなつもりではなかった」では済まされないのが大人の世界。

 

小笠原満男選手という人は、寡黙で誤解を受けやすい人だと思う。

ファンサービス的な話では、若い頃からいろいろアレな人でもある。

今はどうか知らないけど。

でも、サッカーに関してはとても真摯な人です。

彼がプレーを中断して抗議するならば、それは余程の事なのでは。

 

本人は真実を知っているはず。

その発言とその態度、メンタルの強さ、凄いな。

うちの子には見せたくないし、真似してほしくない。