日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

幼稚園の先生

ゴールデンウィークが終わりました。こちらがGWのおやつです。

f:id:hanabon1999:20170420113955j:plain f:id:hanabon1999:20170420114012j:plain f:id:hanabon1999:20170504121435j:plain

f:id:hanabon1999:20170428171651j:plain f:id:hanabon1999:20170428171632j:plain 大人用。パケ買い。

 

GWには実家へ行きました。

実家って何であんなに物が多いのか。なぜ捨てないのか。

捨てたはずの私物も何気なく復活している … キーホルダーとか …

卒業アルバムとかもいらないんで捨てたい。捨てたはずなんだけど。

 

幼稚園の卒園アルバムを見たら、記憶通りの写真と寄せ書き。

子どもが自分で名前を書いて、その横に先生の字で将来なりたい職業が

書いてある。私の名前の横には「かんごふさん」

当時の私は、担任の石井先生が好きで好きで大好きで、本当に好きだった。

石井先生がお母さんだったらいいのにと思っていたくらいだ。

今も結構そう思っている。

 

大人になったら何になりたいかと聞かれたら、当然、石井先生みたいな

幼稚園の先生になりたい訳です。でも、それを直接先生に言うのは

恥ずかしい。何か媚びてるみたいじゃない ?

幼稚園児でもそれくらいの事は考えるのです。

モジモジと答えられずにいたら、先生が優しく「看護婦さんかな ?」と言う。

 そうです。そうです。それです。私はそれになりたいです。

私は今までの人生で一度たりとも看護婦さんになりたいと思った事はない。

大好きな石井先生に最初で最後の嘘をつきました。ごめんなさい。

 

オウム事件の時に、幹部の女性の名前に石井久子マハー・ケイマ正大師が

出てきた時は驚いた。石井先生 ? 違います。ただの同姓同名。

今はご結婚されて違うお名前になられているはず。

お元気ですか ? 今でも大好きです。優しい優しい石井久子先生。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存