日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「ミュシャ展」

f:id:hanabon1999:20170423215929j:plain f:id:hanabon1999:20170423215910j:plain f:id:hanabon1999:20170421121412j:plain

 

日本全国ミュシャが好き。平日でも混雑していました。

4月だよ ? みんなが忙しいはずの4月だよ。

NHKの特番に出ていた多部未華子さんが羨ましくなりました。

 

スラブ叙事詩は全作品とても大きいので、会場が狭く感じます。

細かいところが見えないので、オペラグラスを持参するのがお勧めです。

細かいところまで見てください。

「ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチツキー」の中央にいる人は多分

「原故郷のスラブ民族」の左下の人達と親戚筋だと思います。

 

お馴染みのアール・ヌーヴォーの展示もあります。綺麗です。

 

「メディア」という、夫に裏切られたメディアが2人の間の息子を殺す

シーンが描かれた絵があるんですが …ギリシャ悲劇の話なんですが …

激しい人が歴史に残るし、こうして絵のモチーフになるのよね、

と思いました。

 

「ラ・ナチュール」というブロンズ作品が綺麗。写真よりずっと綺麗です。

 

「ハーモニー」のところに、

『「理性」と「愛」の間で「調和 (ハーモニー) 」を

もたらすのは「英知」である』と書いてありました。

上の方からハンドパワーを送ってる人がいます。

 

「自力」というタイトルの3作があるのですが、

タイトルがしっくりこないような …

「自立」でもないと思うし、何かモヤッとしました。

 

コルナ紙幣のデザインまでしてますよ~。

 

ユーゴスラヴィアの農夫たち」が可愛いです。

 

スラブ叙事詩 … こんな大作をよく貸してくれたな 、と思いました。

私なら貸さない。

スラブ叙事詩全20点を見られる、またとないチャンスです。是非 !

 

f:id:hanabon1999:20170423215834j:plain f:id:hanabon1999:20170421122709j:plain こちらも開催中です。

 

2017年3月8日~6月5日 新国立美術館

保存

保存

保存

保存

保存

保存