日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「3月のライオン 後編」

絶賛公開中

 

私が生きているうちに、羽生さんの寝癖が直る事と、

負ける事はないんだと思っていました。

嘘、寝癖がついていない事は、わりとあります。

 

公開翌日に観に行きまして、対局が始まるところで終わるのが納得が

いかない様子の子ども。何であそこで終わっちゃうの ~ と残念がる。

多分、原作漫画もまだ連載中なんだろうし、いくら主人公だからって、

あんな若造が羽生さんに勝つわけにいかないでしょ~、となだめる母。

羽生さんじゃなくて、宗谷名人なんだけれども。

 

翌朝、ネットニュースを見て、慌てて子どもを叩き起こす。

嘘、叩いてません。

藤井聡太四段っていう中学生プロ棋士が羽生さんに勝ったってよ !

え~っ !! 朝から激震の我が家。子どもが棋譜を見ながら

「羽生さんのいつもと違う」

「新しい手を試しただけかも」

「31手目でほとんど死んでる」

「陣形崩して … あぁ …」

駒を動かしてブツブツ言っていた。私は将棋を知らないので何が何やら。

要するに、うちの子が羽生さんを好きすぎるという話です。

TVの対局企画らしく公式戦ではありませんから。はい。大丈夫です。

 

妻の病室のフリッカー現象で浮かび上がる後藤正宗、怖い。

伊藤英明が嫌いというか、あまり見たくないというか、

あまり子どもに見せたくない。

伊藤英明山田孝之はあまり子どもに見せたくない。何となく。

 

いじめ問題で、ああ、そうね、綺麗事綺麗事、現場をわかってないよね、

みたいな感情をもち、父親擁護のシーンでは、血の繋がりが何 !?

優しい人がダメな人を甘やかすから … と、心がどんどんヤサグレる。

いや、もともとこの3姉妹が異常にいい人達で、

まるでファンタジーの住人 …っていうか、漫画だから !

と自分に言い聞かせる。

 

最後の対局シーンが夢のようです。

山の上の方で、ここどこ ? 天上界 ? みたいな感じです。

普段座って将棋指してる人達が、あんなに長い石段を登って

大丈夫なんですか ? 対局前なのに。

 

監督:大友啓史 日本 2017