読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

子どもが中学生になりました。

自分についている「親」という役職さえ持て余し気味だというのに、

とうとう子どもが中学生になりました。

子どもってすぐに大きくなります。噂には聞いていました。

本格的に「親」の出番が来る予感 … まだ心の準備が出来ていない …

 

私が子どもの頃とは情勢が違うようなので (いろいろ地域差もあるみたいです)

説明会でほぉほぉ、PTA総会でほぉほぉ、懇談会でほぉほぉ

異次元空間に迷いこんだ気持ちになるような話を聞き続けている。

「別に私にはどうでもいい事だしな」つい本音がもれて、子どもに呆れられる。

 

だって、学校に行くのは君だし、勉強するのも君だし、私じゃないし。

君にやる気がなければ仕方がないし、やりたくない事をやらない権利もあるし。

君の人生は君のものだし、私がとやかく言う権利はないし。

私はもう少ししたら、君の人生からはじき出される人間だし。

 

世界が広がって、私の知らないところで、私の知らない人たちと付き合うでしょう。

私の知らないところで悪い事をしたって、多分気がつかないし、止められない。

親だから責任とって謝るし、出来る限りの償いはするつもりだけど、

時間は巻き戻せないので、何一つ元通りになる事なんてない。

万が一、偉くなったりしたって、どうせ知らない女に連れていかれて

君のお給料は、その女のバッグやエステ代に消えてしまうのだ。

自分はほとんどいない家を買わされたりしてな。

 

勉強が出来ても出来なくても、将来どんな職業についても、

君に対する好きの量に変わりはないので、何かいろいろ、どうでもいいです。

 

f:id:hanabon1999:20170317152339j:plain

小学生の時のファイルを整理したら出てきました。何の絵 ?

狼と鬼。昔話ではどちらも敵役になりがちなお二方。

狼が血だらけで謝っているみたいです。しかも英語で。

保存

保存

保存

保存