日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「JUNO」

アメリカっぽい。

みんなで、あっけらかんと前進していく。

なるべく幸せになれるように、選択出来る最善の道を選びます。

大人になるという事は、子どもでいられなくなるという事。

 

 

出産シーンがドタバタしているので

 

陣痛が来たけどまだ時間がかかると思って「そんなにすぐ生まれないわよ~」と

ご主人を予約していた歯医者に行かせて、治療中にさっさと産んじゃった話とか、

 

立ち合い出産の予定だったのに、陣痛中にふと「今、痛いの私だけだ」と思い、

産婦人科医と助産師さんは必要なので、一番役に立たなそうなご主人を

「私だけ痛くて腹が立つから」と分娩室から追い出した話とか、

 

大規模な病院だと出産が重なるので、ほっぽらかしにされたら嫌だから

いつも少し大げさに痛がる事にしている話とか、

 

自然分娩の予定が、痛みに耐えきれず、急遽無痛分娩に切り替えたら

注射が効いてくる前に出産しちゃったけど、キャッシュバックはなしだった話

 

とかを思い出しました。

出産前に聞かされて、ちっとも役に立たなかったアドバイスばかりです。

私は、リップクリームを携帯しておけばよかった、と思いました。

 

監督:ジェイソン・ライトマン アメリカ・カナダ 2007