読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

FOCUSこがねい トークセッション 岩井秀人×深田晃司

見学・体験・講演

f:id:hanabon1999:20170318161115j:plain

 

岩井秀人さんという人は「ひきこもり」だった過去があるそうです。

ひきこもりの人って何だかんだいっても、自分大好きだし、家族大好きで

大切にされて(甘やかされて?) いるイメージだったのに、作品を見ると

そういう感じがあまりないので、いつも不思議だなと思っていたのですが、

この方は、そもそも最初から根本的に面白い人なのだな、と思いました。

発言全てが私のツボ、面白い事ばかり言っておられました。

 

映画監督って怖そうなイメージだし、「淵に立つ」の監督だし …

と思っていた深田晃司さんは、物腰の柔らかな人で、かなり刺激的なお父さんの話を、

淡々と語られていて面白かったです。作家は自分の事でも俯瞰して見るものなんだな、

と思っていいのかしら、どうかしら。かなり大切に出来る話だと思うんですけど。

「親のお金盗みませんでした ? 」と、岩井さんに、さも当たり前の事のように

聞かれて、戸惑った後にやんわり否定していたのがおかしかったです。

いや、当然のように言ってる (でも反省はした) 岩井さんがおかしい。

 

カンヌ国際映画祭は賞金どころか、旅費も出ない、ある視点部門では

トロフィーもなく賞状だけという話をされて、岩井さんが「紙 !」と驚いて

いました。イマドキは小学校の卒業式の方が派手かもしれません。

深田さんは幼少時代に和太鼓を習っていたそうで、近所の盆踊りで

太鼓を叩いている当時の写真を見て、岩井さんが「花形じゃないですか」と

感心していて少し羨ましそうでした。カンヌ < 盆踊りの太鼓 っぽい。

 

ASKAの薬はOKでもいいんじゃないかという話が、いいなと思いました。

 

深田さんが東小金井の宝華には今でもよく行くと言っていました。

やはり、ラーメンとパンは人を遠征させる食べ物のようです。

東小金井といえば、インド富士が3月いっぱいで閉店だそうですよ。

 

2017年3月18日 小金井宮地楽器小ホール

おれたち小金井族-小金井から生まれた2人の作家- 

保存

保存

保存

保存

保存

保存