読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「海がきこえる」

映画

女子高生の方言 (土佐弁 ? ) がかっこいい。

 

里伽子が生意気だし、平気で嘘をつくし、とても図々しい。

悲劇のヒロイン設定なので、可哀そうだからな~と強引に納得させられます。

大人になれば、幸せそうに見える人でもそれぞれに抱えている物があって、

自分だけが特別に不幸な訳ではない事がわかる。

周りが見えないのは若さの特権なので、青春ぽくていいです。

 

ジブリあるあるだと思うんですけど、容姿端麗な人と

そうでない人との見分けが難しいです。

なので、こんなに可愛ければワガママ言っても許しちゃう

と思う余地がありませんでした。

 

監督:望月智充 日本 1993