日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「フィッシュストーリー」

正義の味方が地球を救う

 

そういえば、子どもが幼稚園児の頃、何故だかウルトラマンに凝りはじめ、

毎日見えない敵と戦っていて、とても忙しそうだった。

ある日、深刻な顔をして告白された。

 

「僕は大人になったら、かか (お母さん) とは一緒にいられないかもしれない。

 この家を出て行かなくてはならないかもしれない」

 

 もしかして、地球の平和を守る為 ?

 

2人しかいないリビングで小声で聞き返してみる。

「何でわかってしまったの !」

本気で驚いている様子の子ども。それ位はお見通しです。

子どものヤル気は親次第、伸ばしていく方向で !

世間一般にそんな風潮でしたから、一応激励しておきました。

 

その後、何故だかたこ焼き屋さんになりたくなってしまい、

午後3時閉店のたこ焼き屋さんを営みながら、地球防衛に努める事になりました。

やっていけるかな、それで。親はいつでも子どもの事が心配。

 

地球の滅亡まで数時間という時に、奪い合いも争いもなく

みんなでノンビリしているシーンがあって、いいなと思いました。理想的。

 

森山未來のアクションシーンが格好いいです。

子どもが釘づけになっていました。困った事になる予感がします。

 

監督:中村義洋 日本 2009