日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

節分

f:id:hanabon1999:20170203090750j:plain

我が家は豆まきはしない派です。鬼退治はせずにむしろ接待。

掃除が面倒なのと、鬼から被害を受けた覚えがないので。

 

子どもが2才位の時に2人で散歩をしていたら、近所の幼稚園で

園庭をうかがいつつ待機する、赤鬼さんと青鬼さんに遭遇。

まだ登場には早いらしく、うちの子が泣いて園児にバレたらマズいと、

2匹の鬼がこちらに向かって手を振って愛想を振りまいてくれる。

うちの子はポカーンと見ているだけ。とりあえず泣かなくてよかった。

小鉄だったので毎日電車のDVDばかり見ていて、童話のようなものには

一切興味を示さなかったから、鬼を知らなかったのではないかと思う。

 

幼稚園に通い始めて初めての豆まきでは、鬼の登場に怯えて泣く子もいる中

さっさと木の陰に隠れて、息をひそめて鬼の観察をしていたらしい。

逃げる子どもに追いつかないようにゆっくり動く鬼。

泣いている子どものご機嫌をとる鬼。

 「鬼さん、結構優しかったよ」

それ以来、よそで追い払われた鬼達の休憩所となった我が家です。

 

恵方巻は食べません。

海苔巻き … もしかして、好きじゃないのは私だけかも ? と思いつつ

家族が何も言わないので放置しています。本当は食べたいのかな …

保存