日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「ギルバート・グレイプ」

今年の初夢はジョニー・デップでした。なので、主演のこの映画。

どんな夢かといいますと、寝ている私を母が起こしに来まして

「夕飯、簡単なものでいい ?」と聞いてきます。起き抜けの手抜き宣言。

  いいよ、いいよ、別に何でも。

起きた瞬間に夕飯の事なんて考えられない。でも、簡単なものって何 ?

ジョニー・デップ

  ジョニー・デップ~ !?

思わず寝言が出たらしく、起きてから家族に「何の夢見たの」と聞かれました。

新年早々、簡単なジョニーデップを食べさせられるところでした。危ない危ない。

 

映画の方は簡単ではないジョニー・デップです。

またもや、お兄ちゃんが可哀そうシリーズ。

彼の境遇によるものだけではなく、刺激のない田舎町の閉塞感が

見ていてとてもシンドイ、昭和世代の価値観をもつ生物なので。

 

家族の為に犠牲になっているつもりで頑張っているのですが、

不満が溜まっていくだけで、誰も幸せではない。

人1人いなくなっても、1人増えても、そんなに変わらないというか、

なるようにしかならないので、さっさと逃げるという道もあります。

長男は逃げたみたいです。

 

ラストは家族が清々しくバラバラになります。

 

監督:ラッセ・ハルストレム 1993