読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

書初め

日々

東日本大震災後、福島から避難してきている子が近所に住んでいた。

その頃私は役員をやっていて、毎朝登校班の見送りをしていたので、

よく話をしたものだ。テレビで見たアルゼンチンアリの怖さを共有したりして。

人懐こくて可愛い子だった。

いろいろ事情はあるだろうが、毎日元気に遊んでいて、楽しそうだった。

 

ある日、その子が「俺ガンになったかな」と言った。

どうやら、前日に甲状腺検査があったようだ。

検査結果が出るまで気が気じゃないんだろう。これは健康診断あるあるだ。

 

  たくさん笑うといいんだよ。ナチュラルキラー細胞が、

  ガンなんか退治してくれるからね。

 

私はこうやっていつも子どもに嘘をつくのだ。

あの地震の後も余震の続く中、子どもに大丈夫だよって言い続けた。

被害はどんどん広がっていたのに。無責任なことばかり言うのだ。

放射線がどれ位人体に影響を与えるのか、本当のところはわからない。

誰の言う事を信じていいのか、大人達も右往左往していたのだ。

 

横須賀には原子力空母ロナルド・レーガンが配備されている。

トモダチ作戦」の時のやつです。

当時の乗組員の皆様が健康被害を訴えて、米国で訴訟を起こしているそうだ。

 

子どもは笑っていればいい。毎日バカみたいにゲラゲラ笑っていればいい。

子どもの笑顔は幸せを運ぶのだ。それが君達の仕事なのだ。

 

「今日書初めなんだよ。嫌だな」と元気がない日もあった。

  ああ、習字、嫌だよねぇ。私も苦手。

  堂々とした字で、のびのび書けばいいよ。

翌日「堂々と書いたよ~」と報告があった。

後日、廊下に張り出された彼の書初めは、はみ出しそうな位力強かった。

 

うちの子とは学年が違ったので、彼がクラスでどう過ごしていたのかはわからない。

その後引越しをしたし、彼も3年位で転校してしまったし …

今頃どうしているかな。