日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

隠しごとは嘘つきのはじまり。

買い物から帰って、自転車を停めたら

「ニャア」という鳴き声がして、足元に三毛猫様がやってきた。

 

「あ、あ~っ !!」

子どもは学校に行っている。まだまだ帰ってこない時間帯。

「待って、待って、ちょっと待って」

「今いないんだけど、うちのお兄ちゃんが会いたがってるの。

 だからまた来て。夕方とか…」

説得している最中に、道路に車が進入してくる気配を察して逃げ去る三毛猫。

近所の犬が吠えている。

また私だけ猫に会ってしまった。会いたがってるの子どもなのに。

 

「あのさ、今度猫ちゃん来たら、何か食べ物あげたらどうかな」

子どもが提案してくる。餌づけして気をひこうとしているもよう。

月曜から夜ふかし」で見たからでしょ ?

 

  野良猫にエサやるのはよくないんだよね…

  「野良猫じゃないって言ってなかった ?」

  そうねぇ、多分飼い猫のお散歩だと思うんだけど…

 

隠し事が積み重なっていく。こうして人は嘘つきになるのです。

「お小遣いで買うから !」

そういう問題じゃないのよ。

エサはね、エサはね、チャオチュールのマグロ味が入ってるのよ、

私のカバンの中に。最強らしいわよ、このオヤツ。