読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

子どもには言えないこと。

日々

私の両腕、手の甲から肘にかけて傷だらけ。

小さい傷がいくつも。痛いってほどでもないけど、何かとしみる。

 

今日は初めて通る道を自転車で駆け抜けた。

いつもは絶対通らない、地元の人しか通らないよね~

っていうような、農家の大きな家が並んでいるクネクネの道。

 

「ミャア~」

 

ん !? 急ブレーキ !

どこかから仔猫の鳴き声がしたね ? したね ?

自転車を停めて鳴き声のする方に歩み寄る。

「ミャア」と小さな声は聞こえるものの姿が見えず。

どこ !?

農家のおうちの、垣根というにはあまりに厚みのある垣根の下の方。

仔猫がこちらを見ながら小さく鳴いている。

そこか !

捨て猫なのか、この家の猫なのかわからないけど

そこから出てきたら車に轢かれちゃうぞ。

こういう抜け道みたいなところは結構スピード出してくるからね。

 

「こっちに出ておいで~」

もちろん出てこない。手を伸ばしても届かないくらい奥にいる。

垣根の枝痛い。多分剪定したて。どの枝も鋭くとがってる。

数十分そんなことをやっていたのだが、捕獲できず。

人の家の玄関先でこんなことやってる私、アヤシイ。

次々、通り過ぎる車からの視線が痛い。

 

「そこにいるのよ、出てきちゃだめだからね、私は行きますから」

どうしようもないので、立ち去ろうとする私。

捕まえたところで、今の我が家で猫を飼うことは出来ない。

 

「ミャア~、ミャア~」

50m程離れたのに仔猫の声が大きく聞こえる。

さっきより大きい声で鳴いてる ?

引き返すと、一歩前に出ている、ような ?

「出ておいでよ、うちにおいでよ」

「ミャア」

繰り返すこと30分。

 

これは正攻法では無理だと思われます。

猫には「チャオチュール」って飛び道具が有効だって聞いてます。

ネットの噂で見ました。

 「いいか、そこにいるんだぞ ! すぐに戻ってくるからな」

自転車をいつもの倍速でこいで、近くのコンビニでチャオチュール、ゲット。

この店に売ってるの知ってたのよ。この間見たから。

 

現場に戻ると仔猫の姿はない。

垣根の奥にもいないし、あたりを捜索したけどいない。

とりあえず道路に轢死体はない。家に帰ったのか???

 

チャオチュールを握りしめて帰宅。

買い物もせず、夕飯の支度をするのも面倒になった。

子どもが帰宅してもこの話は内緒。

「え~、何で~」って責められるから。

 

1ヵ月ほど前、駐車場に三毛猫が遊びに来ていた。

猫好きの子どもを呼んで、2人ではしゃぐ。

首輪はつけていなかったけれど、多分飼い猫。

だって、近寄っても逃げないし。

逃げないけれど警戒心は強くて、一歩近づくと一歩後ずさる。

そんな事の繰り返し。その間20分ほど。

猫が立ち去るまでうちの子は立ち去らないだろう。

いい加減猫に迷惑だ。

子どもを促して、立ち去ろうとすると猫の方が一歩前に出る。

最終的に、子どもにだけ一度撫でさせてくれて、立ち去る三毛猫。

 

うちの子はメロメロで、しばらくの間、同じ時間帯になると

駐車場をのぞいていた。でも、その後姿を見せることはなかった。

そして、諦めかけていた日曜日朝の5時。

早起き母さんが (嘘、その日だけたまたま) カーテンを開けると

そこにはあの三毛猫が !

ベランダの手すりにちょこんと座って、こちらを見ている。

目が合うと「うわっ、見つかった」みたいな顔してる。

「ちょっと待って ! お願いちょっと待ってて !」

猫に声をかけて、慌てて子どもを起こしてくる。

このチャンスを逃したら、「お母さんだけズルいっ」って絶対に言われる。

私、何も悪くないのに。ズルいことならもっと他にやってるのに。

幸い、子どもが駆けつけるまで三毛猫は待っていてくれた。

 

「猫ちゃん、かわいい~」窓越しにはしゃぐ子ども。

「窓開けたら絶対ダメだよ。逃げちゃって、もう来てくれなくなるから。

 少しずつ間合いをつめていくのよ」

また来てほしい子どもは

「猫ちゃん、また来てね~」と言いながら猫に手を振っている。

立ち去る三毛猫。

パジャマ姿で寝起きのボサボサ頭の親子が、猫に向かって手を振ってる。

誰にも見られてはいけない姿だ。

 

それ以来、「猫は世界で2番目に好きな生き物だから、将来猫を飼いたい」

と言っている。「猫ちゃん飼うには、ちゃんと働いてお金稼がないと…」

ブツブツ言いながら、いろいろ考えているみたいだ。

 

日曜日、月曜日と立て続けに猫をみつける母。

ちっとも懐かれないのに、姿だけはみつけてしまう母。

子どもが一緒だったら、根気よく説得して (?) 捕獲できたかもしれないのに。

あの仔猫大丈夫だったかな。

あの家の飼い猫が、うっかり外に出ちゃってただけだといいんだけどな。