日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「ヨコハマメリー」

古き良き時代 (?) のおとぎ話のようです。

実在した人物なんですけど、そういう感じ。

謎めいていて伝説になっていたようです。

周囲が物語を投影している、いわゆるアレな人です。

彼女を伝説にしている周囲の人が優しい人達なのです。

 

いろんな人が彼女について証言するんですけど、みんなキャラが濃い。

「プライドの高い人だったから」と言っている、

老婦人もかなりプライドが高そうだ。

姉御も出てきた。ミス・ジュンコ。超強そう。

次から次へと面倒そうな人ばっかり出てくる。退屈しない。

 

舞踏家の大野慶人氏も出てくる。

芸術を愛するものとして、何か通じるものがあったようだ。

メリーさんの厚化粧の目がどこを見てるか、わかるのか。

私なら目を合わせられないし、目を合わせてもらえないだろう。

そのわりに、彼女を「きんきらさん」と呼んでいたもよう。

 

出てくる人がみんないい人。

最後に元次郎さんの歌う「My Way」も、あの歌詞じゃなくていい。

いい歌だとはじめて思った。

 

監督:中村高寛 日本 2005