読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「渇き。」

オープニングクレジットが意味もなくかっこいい。

 

主人公は妻の不倫相手に暴行して刑事の職を追われた男、藤島。

不倫した方、された方、双方に聞きたい。

そこまでする価値のあることなの ? それ。

最初からいきなりもの凄いバイオレンス。

もう、ずっとバイオレンス。バイオレンスがありあまる。

 

離婚した妻のもとで暮らしていた娘が失踪するんです。

それで探すんです。元刑事のこの男が。

失踪した娘、加奈子。これがかなりのワルです。

みんなに好かれるいい子だったはずなのに、モンスター級のワルなんです。

お薬系が出てきたり、売春組織とか出てきて、手に負えません。

 

とにかく、ふと気づくと

殴ったり、殴られたりして、血がドバーッてなってます。

切ったり、刺したり、血がドバーッです。

目を離すと血だらけ。目を離さなくても血だらけ。見てられない。

 

ここはいったい何処なのかと思うくらい、グロテスクな世界。

いい人1人も出てこない。安らぎなし。癒しなし。

悪意と暴力だけが渦巻いております。お外に出るの怖くなる。

 

出てくる人みんな頭おかしいです。

加奈子の居場所、もうどうでもいい。

藤島役の役所広司がゾンビみたいなので、誰かトドメをさして。

ホラームービーなんだと思います。

 

監督:中島哲也 日本 2014