日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「あの頃ペニー・レインと」

ファンは大事。でも自分はもっと大事。

 

15才で音楽評論家としてバンドのツアーに同行するウィリアム。

過保護に育てられた少年という設定なんだけど、

確かに母厳しい。サイモン & ガーファンクルすら聴いちゃダメ。

でも時代を考慮して、母親の職業 (大学教授) を考えるとそんなものだろう。

お酒とドラッグがつきもののバンドのツアーに1人で行かせるの、心配。

全然過保護じゃないよ。アメリカ広いし。

ラッセルに対して説教したりするけど、わりと礼儀正しく接してる。

怖いけど結構いい人。

友達のお母さんだったら距離を置きたい感じの、けむたい存在。

 

ルーピーではなくバンドを愛するバンド・エイド

ペニー・レインと出会うわけです。そしてひとめ惚れね。

ケイト・ハドソンすごい美人。15才少年、そりゃ惚れるわ。

 

ペニー・レインは本名教えてくれないの。

多分2回聞いた。結構しつこい。でも知りたい気持ちはわかる。

恋すると本当のこと知りたくなるよね。でもそれ落とし穴だから。

ラッセルがドラックやって、本物とか真実とかごちゃごちゃ言い始める。

ピュアさ炸裂。精神病んじゃうから、そういうことは考えない方がいいよ。

本物でも偽物でもどっちでもいい。好きか嫌いかだけでいい。

 

ツアー中にケンカするメンバー。ありがち。

捨て台詞は「ルックスがよすぎるッ」痴話喧嘩か。

 

ペニー・レインが帰っていく時の別れがね、凄いのね。

座席に着席して窓から見つめるペニー・レイン。

去りゆく彼女を追いかけて手を振るウィリアム。

よく映画であるやつね、電車のホームのやつ。

でも今回は飛行機です。アメリカ広い。空港狭い。

 

バンド (申し遅れました。スティルウォーターです) の

メンバーと一緒に乗った飛行機 (プライベートジェット ? ) が

雷のせいで揺れまくって絶対絶命、死を覚悟する訳です。

命がけの告白合戦がはじまる。いろいろバラすんだけど、

どさくさに紛れて過去の轢き逃げを告白しちゃダメ。

それ本気であかんやつ。

最後は本音が出まくってケンカになります。言いたい放題。

結局ね、何だかんだ無事着陸できてみんな助かる訳です。

航空機事故のパニック映画じゃないので。

気まずいですね。

 

気がつくと丸く収まって、みんな仲良くなっちゃってんのね。

バンドの方も家族の方も。

私居眠りでもしてたかな ? ってくらい突然にね。

 

最後の赤く揺れる画面の長い道のりを、ツアーバスが走り去っていく

シーンが好きなので、もう少し長くしてほしいです。短すぎ。

その後の暗転長すぎ。

 

流れる曲が全部よくて、凄く甘酸っぱい感じになっています。

まさに音楽の力技。とてもとても青春映画でした。

 

監督:キャメロン・クロウ アメリカ 2000