日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「イップ 翼をもった女の子」

バードウォッチングが趣味の夫が、茂みで見つけた

巣から落ちたヒナを持ち帰る。

鳥のヒナにしては人間の赤ちゃんすぎるけど、翼があるので鳥である。

 

鳥好きの夫は鳥だといいはる。妻はもちろん赤ちゃんとして扱う。

赤ちゃんに翼がついてて人形感丸出しだけど、猛烈に可愛い。

こんなの拾ってくる夫が欲しい。

 

お手製のマントで翼を隠し「これで普通の赤ちゃんだわ」という妻。

でも、いかんせん小さいのだ。20cmくらいしかない。無理がある。

でもご近所の奥さん達はちっとも動じず、あやしながら

この子誰の子 ? 預かったの ? と詮索を忘れない。

気にするとこそこじゃない。

 

シーンが変わるごとに大きくなって、あっという間に成長 (?) サイズ。

それでも大人との比率はサザエさんとタラちゃんくらい。

成長してからは原発性小人症の女の子が演じているらしい。これは驚き。

何だかうかつに可愛いと言えない気がしてくる。

 

床を這っている虫とか食べてるし、子どもなのかペットなのか

よくわからない。そんな子にテーブルマナーを覚えさせようとしたり、

言語障害だと言って将来を案じたりしている妻が滑稽だ。

「しつけ」って他人から見ると、こういう感じなのかもしれぬ。

当事者は大真面目で一生懸命なんだけどね。

 

鳥なので自由に飛んでいっちゃう。飛ぶところは糸で吊ってる感アリアリ。

いろんなところに飛んで行っては、無防備に人にみつかる。

いろんな人と出会うけど、それぞれと心の交流はまるでなし。

出てくる人もみんなちょっとヘン。ファンタジー仕様。

 

みんなでイップを探して旅をする。

夫婦だけが最後まで諦めず、海で漂流しているところを救出して

無事自宅に連れて帰る。でも、まぁ鳥なんですよ、結局。

本能は抑えられないってことで、野生に返してあげるのね。

飛んでっちゃうのね。あっという間に飛んでっちゃう。

 

インコとかオウムとか結構賢いんだよね。カラスが賢いのは常識ね。

イップはね、イップは… 顔だけ少し芦田愛菜ちゃんに似ている。

見なくていいです。

 

監督:エレン・スミット オランダ 2010