読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

夜会

家族

いつもは見ない夜会。

子どもが見たいというのでおつきあい。

夜会ってあまり見たくない。さみしくなるから。

この儚い感じが大道芸の良さなのだろうな、とは思うけど。

 

子どもといると、そういう気持ちは吹っ飛ぶ。

情緒のようなものは全くなくなる。なんか忙しい。

 

日本一長い夜会。2時間あるらしい。

もしかして2時間出てくると思ってる ?

バカだな。フィナーレだけだよ。

2時間ずっと出てたら本編より長いじゃないか。

 

「青い服の人ばっかりだよ。これじゃ見つけられないよ」と言う。

落ち着け。青い服を着た人が多い訳じゃない。ごく平均的分布だ。

こんな人混みじゃ見つけられないよ。階段の上のところに行こうよ。

馬鹿と煙は高いところへ上るっていうのよ。覚えときなさい。

 

19:40をまわっても出てこない。今日は出てこないかもね。

「出ないのに宣伝するわけないよ !」とムキになる。

そりゃそうだけど、いろいろ事情があるからね。ハプニングとか。

 

すると、どこからか現れる加納さん。通路に入って行く。

全然気がつかない子ども。今、君の隣通ったよ ?

「えっ ! いつっ !」 だ・か・ら・今 !

 

しばらくすると、リコーダーを持った加納さん現る。

そこそこ。ほら、右 !

あの楽器の向こうだから。

ここからじゃ見えないけど、いるから ! 行っておいで。

人混みでは全然見つけられない子ども。まだまだだな。フフッ。

一仕事終えたような気分になるワタクシ。夜会にて監督デヴュ~。

 

f:id:hanabon1999:20160517071838j:plain