日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

ベッキー問題

ベッキーいるの ? いらないの ?

私は不倫容認派。推進はしないけど。

これが最後のツル~ラ~ヴ(TRUE LOVE)なのかもしれないし。

遊び人は結婚してからも遊ぶものだ。仕方ないんじゃないのかな。

 

ベッキー、よく見かけるとは思ってた。見慣れた風景みたいな感じだ。

CMもレギュラーもたくさんあって、稼ぎ頭だったのね。

そんなに必要とされている理由がわからない。いい子だから ?

ベッキーの支持層は不倫反対派だろうから、今後需要あるんだろうか。

タレントは自分自身を商品として差し出して、対価を得ているのだから、

イメージは守らないといかんだろう。

芸人は芸、俳優は演技、タレントはイメージが商品だろう。

こういう時だけ、一般人と同じ扱いを求めるのは納得いかないよ。

それなら、まずスポーツ選手の「怪我」を「故障」と呼ぶの、やめろ。

 

会いたくて震えていいのは20代までだ。その気持ちは可愛いと思う。

30 Over だろ。仕事にも責任持たなきゃならん年ではないかと思う。

早々にリタイアした私が言うな。

 

中田敦彦氏がベッキー絡みで話題になっている。

何も間違ったことは言ってないけど、感情的な擁護派の反感をかってるみたい。

チャンスだ。

うちの子どもが以前から、あっちゃんが教えてくれる塾に行きたいと言っている。

そんな塾、私だって通いたい。

林修先生からの流れか、面白い先生の授業を受けてみたいらしい。

林先生は「塾の先生としては面白い方」という採点。

なので、面白い人が先生になればいい、と。

小学生はジャッジが厳しいわりに、夢見がちだ。

 

中田敦彦氏、今後なんらかの理由で芸能活動が立ち行かなくなった場合、

講師という職業を選択肢に入れてほしい。

なるべく早めに。うちの子が間に合ううちに。

本人より奥様にお願いした方がよさそうだけど。

 

ゴルゴ松本の命の授業は少年院の慰問でしか聞けないらしいしね。

千秋は沈黙。経営者として、とても有能なのがよくわかる。

ベッキーは、好きなように頑張ったらいいと思う。