読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

第8回高円寺びっくり大道芸2016 4月30日

加納真実さん

f:id:hanabon1999:20160503041627j:plain f:id:hanabon1999:20160502204132j:plain f:id:hanabon1999:20160502204202j:plain

 

9 早稲田通り会場 13:30 恋人よ ノる ! 恋

f:id:hanabon1999:20160502204024j:plain f:id:hanabon1999:20160502204209j:plain

風でスケッチブックがめくれて「準備体操おわり」を背にした準備体操

f:id:hanabon1999:20160502204222j:plain f:id:hanabon1999:20160502204244j:plain

私は立って見たい派なので、高円寺はいつも萎える。

座った方が多くの人をつめ込めて、効率がよい。わかる。それはわかる。

でも私は、指の先から、足の先まで見たいのです。

座ると足元が見えない。最前列は多分見上げる感じになる。

加納さんはつま先までポーズを決めている。

ちょっと水を飲むときでも、ヒザが少し曲がっていて

その立ち姿も面白い。私はそれを見たいのです。

高円寺は座る場所を多くとるので、立見だと遠くから見ることになる。

遠くから見ると、「ノる ! 」の上半身の躍動感が凄い。

今回は通路ではない場所だったので、通りすがりの人がいない。

遠くからでも見やすくて、とてもトクした気分だった。

 

 

13 北中通り 15:30 恋人よ 演歌 仮面舞踏会 (ダンシングクイーン、でも小面)

会場は小学校の校庭。乾燥して砂がすごい。視界が白っぽい。

ボランティアの人が水をまいてくれていたが、焼け石に水状態。

これは散水機を使って水まきしない限り無理だ。

毎年子どもの運動会でこんな感じになる。慣れてる。

f:id:hanabon1999:20160502204315j:plain このフォームでもこの速さ。

f:id:hanabon1999:20160502204401j:plain

傘がおちょこになっちゃって、この後2本目の傘登場。

 f:id:hanabon1999:20160502204412j:plain

加納さんもジャージが砂まみれ。叩けばホコリの出るカラダ。

観客席に砂がかかっちゃうのを気にして、謝ったりしておられた。

 f:id:hanabon1999:20160502204430j:plain 職員室には誰もいなかったそうです。

 

 

23 → 24 会場変更 エトアール

恋人よ 演歌 仮面舞踏会 (あしたバーボンハウスで)

f:id:hanabon1999:20160502204432j:plain f:id:hanabon1999:20160503042134j:plain

「恋人よ」で枯れ葉がウエストポーチに舞い戻ったり、

エンディングで「募集中」の文字が「集金」のままだったりと、

なかなかのハプニング回。

 

大道芸って人の善意の上になりたっている。

運営はボランティア、投げ銭もあくまで強制ではない。

今回、観客の人に思わず目が釘づけになってしまった。

仮面舞踏会でみんなが踊っているのに、加納さんがちょっと休憩する箇所なんか、

おいおいおいってな感じで、本人の肩を叩きそうな勢いでつっこんでる。

すごく楽しんでる。ありがたくて涙がでそうだ。私関係ないけど。

遠い会場まで見に来てるのだから、通りすがりの人ではない。

楽しむ準備は万全だ。でも、それにしても楽しそうだ。見習いたい。

最初から最後まで本当に楽しそうに笑っていた。

そして、集金の文字を見たとたん腰を浮かせて財布を取り出し、

投げ銭する気マンマン。大道芸観覧見本かと思ったよ。

会場で、楽しんで幸せになっている人は多いだろうけど、

楽しんでいるお客さんから幸せもらった。