日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

お祈り

子どもにお片づけをさせるには、おもちゃの帰る場所を決めればいいのだ。

棚にそれぞれのおもちゃの写真を貼って、おもちゃの帰るおうちを作った。

大成功。

遊び終わったら、いつもちゃんと片付けていた。幼稚園に行くまでは。

 

幼稚園に通いはじめて、毎日大興奮で疲れていたのだろう、

お片付けだけでなく、いろいろなことが雑になった。

小学生の今となっては、いろんなものがやりっぱなしだ。

どうせやるなら宿題をしろよ。

 

これは夫も同じだ。出したものしまわない族。

コホン。夫よ。爪切りと体温計は家族の共有財産です。

枕元に独り占めしないように。

 

忙しい人に片づけを強要するのは無理がある。疲れてるから。

私も勤め人時代は、わりと部屋が散らかっていた。

残業で帰宅の遅い日が続くと、平日はお風呂に入って寝るだけ。

休日は元気なら出かけたい。元気じゃなければ寝ていたい。

部屋の掃除なんて後回しだ。

 

部屋の掃除なんてヒマな人 (私) がやればいいのだ。

家族のいない平日の昼間は、お片付けの時間。お掃除の時間。

いちいちお小言をいうのが面倒なだけだ。

どうでもいいことに労力を使いたくない。

気になる人 (私) がやればいいだけだ。

 

ここ一週間ほど、これが掃除の邪魔になっているわけだが

片づけられないでいる。テレビの前のお供え。

何を考えているのかよくわからないけど、

多分、九州へ向けての何か。

 

f:id:hanabon1999:20160422195439j:plain