日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

月がきれいですね。

月の美しい夜、月にかかった雲が墨絵のようにキレイだったそうである。

「うちの母ちゃんには、ホントがっかりしちゃったよ」と父親が言う。

私はもう諦めてるよ。付き合いの長い貴様が何をいまさら。

もとはといえば、貴様の責任。。。いろいろ言いたいことはある。

 

「見てみろよ。月に雲がかかってキレイだよ」

父は見かけによらずロマンチッカー。

毎年、月下美人の開花が待ち遠しく、咲いた夜は嬉しくて

花のそばにソファーを寄せて眠り込んだりしていた。

一方、母は超現実的。

昔、長山洋子黛ジュンの「雲にのりたい」のカバーをした時に

「雲になんか乗れるわけないじゃないのよ」と吐き捨てていた。

何か嫌な思い出があるのかもしれんが。

 

父の言葉に「そんなこと知ってたわよ」と答える母。

情緒がないとか、そういう問題ではないだろう。

会話としてヘンだろう、その一言は。

でも、両親の会話はいつもこんな感じ。

ちっともかみ合っていなかった。

 

ふと思い出す。

夏目漱石が「I love you」を「月がきれいですね」と訳したという話。

これだと通じるね。

 

「I love you」

「そんなこと知ってたわよ」

 

かみ合ってる。

父には届いてなかったみたいだけどな。