日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

幼稚園

近所の幼稚園で入園式をやっていました。

子どもが苦手なわたくしですが、遠くから見ている分にはかわいい。

うちの子もこんな頃があったわね。ちょっと昔話です。

 

子どもが通っていたのは、この、近所の幼稚園。

手続きすれば誰でもウェルカム。

むしろ、園児が少なくて、送迎について来る弟や妹たち相手に

幼稚園楽しいでしょ~、と入園を期待している雰囲気。

 

それでも一応、親子で面談がありました。

名前を言ったり、簡単な問題を出されて答える程度。

楽勝、楽勝。うちの子でも大丈夫。完全になめていた私。

 

動物図鑑を見て、何の動物か答えるやつだったんだけど

レッサーパンダはその頃大人気。アリクイもクリア。

何なら、聞かれてもいないホオジロカンムリヅルとか言い出す。

TVチャンピオンのレゴブロック王選手権で見て以来、お気に入り。

多分あの図鑑には載ってない。

 

最後に先生の指さした写真に、当たり前のように「トラ」と答えた息子。

それシマ入ってないよ。トラじゃないよ。母の心の声がでました。

答えはライオンのメス。すごい地味。

そういえば、ライオンのメスってあんまり意識したことないよね。

単体では思い出せない。せめて、オスの隣にいてくれれば。。。

不正解だったからといって、入園拒否されることはなかったけど

あの時、先生、勝負に出たんじゃないかな、と思う今日この頃。

 

小さい頃って、子どもに言葉を教えるじゃないですか。

目とか、鼻、耳とか。それはね、私もさすがに教えたんです。

散歩の途中に、コスモスがいっぱい咲いているお宅があって、

きれいなお花だね~って言って、子どもを見たら

自分の鼻を指さしていた時、母になった喜びをかみしめました。

 

先日、学校から帰って来た子どもがこっそり教えてくれました。

「あのさ~、耳のコマクってあるじゃん ? 」

うんうん、知ってる。

「あれさ、耳の中にあるじゃん。だけどさ、

 僕ずっとここのことだと思ってたんだよね。耳たぶ」

と、耳たぶをつまんでいる。新しい言葉を覚えて嬉しそう。

いや、耳たぶって言葉にウケている様子。

 

え~っと、確かに耳たぶは教えていなかった。

でも、今まで知らなかったんだ ?

知るチャンスなかったんだ ?

コマクと耳たぶ、何才くらいで意識するものなのかしら、

平均的には。

 

幼稚園入園の前日、あわてて「ジャンケン」を教えた私です。

幼稚園に入ったら必須だと思い立ちまして。

うちの子、幼稚園に入るまでジャンケンしたことなかったんです。

 

これからも、教えそびれていたことが続々出てくるんだろうな。

常識のない大人になるんだろうな。教えてないもんな。