日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

ドヤ顔

子どもが、話の流れをぶった切って質問してくることってありますよね。

簡単なことでも突然聞かれると、何て答えていいかわからない、

ちょっとパニックを起こす、私はアドリブに弱いタイプ。

 

「お母さん、ドヤ顔ってどんな顔 ?」

えっ !? それお母さんに聞くこと ?

う~ん。どうだ~みたいな、すごいだろみたいな、自慢げな顔かな。

「ふ~ん」

納得してくれた ? よかった。

お風呂上りに、鏡に向かってドヤ顔の練習をしていました。

見ちゃいけないものを見た感じ。見なかったことにします。

きっと明日学校で必要なんだね。ガンバレ。

 

うちの子は言葉が遅かったので、幼児期のどうして攻撃がなかった。

3歳児検診の時に、保健師さんから経過観察のお言葉をいただいた。

後日お電話しますねって言われて、

この人から電話もらっても、喋れるようになる訳じゃないしな~

とか、ぼんやり思ったような気がする。

電話で何を話したか、かかってきたかどうかもよく覚えていない。

言葉は遅いながらも、私とは意思疎通ができていたので

あんまり気にしていなかったんだと思う。我ながらノン気な話だ。

 

「あけもも、かわいいね」とかね。

ちなみに、あけももは「ナマケモノ」のことです。かわいいかな ?

その頃ちょうど2本足で立つレッサーパンダ風太くんが人気で、

パンダはスルーなのに、レッサーパンダには興奮をかくせない感じだった。

母さんが子どもの頃は、パンダフィーバーだったのにな。

時代の流れを感じました。

 

そういえば、この人2歳児検診の時にも、積木が全然積めなかったんだ。

家ではやってます ? じゃ、今日は緊張しているのかな~、なんて

保健師さんと日頃の様子みたいな話をしている間に

隣で積木のタワー作っちゃってた。自分の背より高いやつ。

驚く私たちに見せたあの顔、あれがドヤ顔だよ !

ドヤ顔、それは自然に出てしまうもの。

その練習はムダになるかもな。

 

昨日は久しぶりに、自転車で一緒に買い物に行って、

風に吹かれて、着ているウィンドブレーカーが膨らんでいる姿を見て、

ふくらスズメみたい。かわいい、ぷぷっ

とか思っていたんです。

あれ ? 子どもがどんどん小さくなっていくよ。

すごい速さで追いつけないよ。立ちこぎするなよ、小学生ダンスィ~。

母さんをおいて行くな。道もわからんくせに。

ついこの間まで、ゆっくり走って私が子どもに合わせていたのにな。

子どもの成長を感じるというか、己の老化を感じた1日でした。