読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

マルゲンミート

家族

ちょっと早めのホワイトデー。

今日は子どもに焼肉用の高級牛肉を買ってもらう予定。

私のバカ舌にはもったいない話です。

子どもからお返しがもらえるとは思ってもみなんだ。

ありがたや。

夫からだってもらったことないよ。結婚前からな。

別に不満はないです。気のきかない人なだけです。

いい人です。本当。本当。

 

コツコツ貯めたお年玉。そんな事に使っていいの ?

大きくなったら、欲しい物がたくさん出てくるから、

その時の為にとっておきなよ。

「それはそれとして。今は、家族の時間を大切にしたいんだよ」だって。

スバラ ! いい子に育ってくれたね。何もしてないけど。

君が小学4年生の時に、お母さん引退したのがよかったのかも。

君が生まれてから、一生懸命大人ぶって、お母さんぶってたけど、

限界がきたんだよ。母さんこう見えて、中身が小学3年生だからね。

最近の口癖は「ちゃんとしないと、お母さんみたいになっちゃうわよ」です。

小学5年生の子どもの母親です。スミマセン。

 

せっかくなので、茨城県南で有名なマルゲンミートまでお買い物。

高品質なお肉がお値打ち価格とのこと。

初めての入店。緊張する~。

駐車場は満車、お客さんも次から次へとやってくる。

噂通りの人気店ですよ、奥さん。

 

ショーケースを見るなり、

特選牛焼肉100g 1,200円のを買うと言い出す息子氏。

はっ !?

そんなに広くはない店内をウロウロして、店の隅で小声で説得。

特選じゃなくて普通のヤツでいいよ。

豚肉美味しいし、何ならとりのから揚げでいいよ。無理すんなよ。

完全に金額にビビる私。右手と右足が一緒に出ちゃうよ。

 

説得のかいもなく、特選牛焼肉お買い上げ。600gも。

1人100gで十分だよ。お父さんコレステロール値が高いんだし、

お母さんだってモノゴコロついた時からダイエット中なんだよ。

いつも忘れちゃってるけど。

「大丈夫だよ。僕が払うんだから」と頑固な息子氏。

男に二言はないらしい。頼む。考え直してくれ。

 

買い物しただけで魂が遠くまで行ってしまった私。

とりあえず、家に帰ってお米をといで、わかめスープを作ります。

何にでも塩だけつけて食べるのが流行っているらしいので、

ヒマラヤのピンクソルトを用意して、いつもは買わない

モランボンの焼肉のたれ、ジャンを買いました。生タイプ。

おすすめの焼肉のたれがあったら教えてください。