日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「行きずりの街」

ワケありの塾講師、波多野和郎 (仲村トオル) の元教え子が上京後

行方不明になって、その祖母が入院して年齢的にも危ない、という事で

東京に元教え子を探しに行く話。

探偵ではなく塾講師の男、「元」教え子は親戚でも何でもない。

何やってるんだろう、この人。

 

ラストは呑気に夕飯を食べに行こうとしているんですけど、

「腹が減っては戦ができぬ」って感じですかね。

戦は終わってる気がしますよね。

殺人事件を発見したら、とりあえず警察に連絡しようよ。

元教え子は、さっさとお祖母ちゃんに会いに行ってあげて。

 

若い頃の窪塚洋介はかっこいいよね。

 

監督:阪本順治 日本 2010