日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

キミの抜け殻

ふと見るとなんだか子どもがやたらと大きい。

靴のサイズとか身長が追い越されているのは気づいていました。

スマホはもちろん、PC関連も夫を素通りして子どもにお任せ。

趣味嗜好にあまり共通項がないので、お互いわりとノータッチ。

多分反抗期なんだと思うけど、世間で取り沙汰される程でもなく、

子どもも「うちのお母さんは、よそよりマシだから」と言っている。

マシ ?

 

そんな2人ですがたまに他愛もない話をすることがある。

先日はグラフを描いて説明しながら

「実力のない人ほど自己肯定感が高い傾向にあって

 実力のある人は低い」

と言い出す。どこで聞いてきたんだそんな話。

「実力のある人は、その後の努力や他者からの承認によって

 徐々に自己肯定感が高まる」みたいな話に続いていた、確か。

 

そんなの当たり前じゃない ?

実力のない人は自分で自分を肯定するしかないじゃん。

誰も認めてくれないんだから。

自己肯定しなくちゃ生きる希望がなくなっちゃうよね ?

 

子ども相手に言えないけど。

 

私の子育て中は (今も一応そうだけど)

「褒めて伸ばす教育」が主流で (最近は否定的な意見もあり)

ダメな子ほど褒められて育っている。

出来のいい子は褒めなくても何でも出来るから、

わりと放っておかれがちな気がする。親御さんも謙遜するし。

もともと出来のいい子も、努力して頑張ってる子の事も

じゃんじゃん褒めればいいのにね。

 

どんなに褒めても、ありもしない才能は開花しないし、

褒められないと努力できないのは見込みがない証拠のようなもの。

努力し続けられる事こそ類い稀なる才能だと思うので。

 

プレッシャーに押し潰されそうになっても、

努力と実力で黙らせようとする姿勢がよいです。

自分に出来ることがわかっていれば迷う事はない。

あなたにしか出来ない事がある。そう信じています。