日々のこと。

すべては、いずれ思い出になります。

「散歩する侵略者」

公式HPに煽り文句がないですが、公開中です。

 

宇宙人が地球を侵略しにくるお話。

人間の肉体に入り込んで、乗っとって、周囲の人間から

「概念」を奪っていきます。

概念て人類共通ではない気がしますが、そこはおいといて。

 

所有の「の」を奪われた丸尾 (満島真之介) が

「物を奪われるかもしれないという恐怖心が戦争を起こすのです」

とか演説しはじめて、怖いくらいに幸せそうにしています。怖い。

所有する幸せ、所有する辛さ、手放す幸せ、は人それぞれですね。

 

宇宙人が侵略をやめたのは、「愛」を知ったから ?

真治 (松田龍平) が鳴海 (長澤まさみ) から愛の概念を奪って

(奪ってくれと頼まれて奪ったので、与えられた感じ)

愛の概念のない鳴海と、ずっと一緒にいる事に決めたようです。

多分、それが愛。

 

途中、真治が牧師さん (東出昌大) に「愛とはなんですか ?」と尋ねて

長々と語られる愛の概念が理解できず、奪う事が出来なかったのですが、

これって、そもそも牧師さんの愛の概念が、言葉数の多さのわりに曖昧だから。

心の在りかがわからない役の多い東出昌大

 

人類の未来と地球の未来はイコールではないよね。

 

監督:黒沢清 日本 2017